IELTSスコアを10ヶ月で4.5→7.0にアップさせた超具体的な勉強方法

 

こんにちは。今回は海外留学をする人にとっては必須であるIELTSのスコアアップの方法を紹介させていただきます。

「いくらIELTSを勉強してもスコアが伸びない・・・」

きっと、IELTSを受験したことがあれば誰しもが一度はこの壁にぶち当たるはずです。

カナダの大学を目指していた僕もかなり苦しみました。

海外の大学に行くならば最低でもIELTSのスコアはOverall 6.0~6.5(各セクション6.0以上)を必要とされます。しかし、これが思ったより難しい・・・。ほとんどの方がどこかで壁にぶち当たります。僕自身もIELTS対策には相当な時間をかけました。

今回は、そんな壁をぶち壊すためのIELTS対策方法を超具体的にご紹介します。しかも独学で出来ます。僕は独学でOverall7.0までアップさせることが出来ました。

これからご紹介する方法を実践すれば必ずスコアがアップします。僕は諦めずに努力し続けた結果、Overall 4.5→7.0にアップさせることができました。Overall 7.0を取得した瞬間の喜びはとてつもないもので、達成感でいっぱいでした。急に将来の自分の可能性が無限大に広がった気がしてワクワクしました。笑

僕の体験がこの記事を読んでくださっている皆さんのスコアアップやモチベーションにつながれば嬉しいです。

それでは、いきましょう。

1. とりあえずIELTSを受験する

僕は平均より少しレベルの低い高校に通っていたため英語の基礎があまり身に付いていませんでした。そのため、案の定初めてのIELTSは見事に大撃沈。悲惨なスコア(Overall 4.5)を取ってしまいました。この時の失望感は凄まじかったです。「IELTSなんて無理だ・・・」とも思いました。

でも、それでいいんです。むしろそれが大事なんです。

というのも、1回目に酷いスコアを取ってしまえば「これ以上どん底に落ちることはない」と次回以降の受験時の精神的負担が軽減されます。また、数回受験してから一番最初のスコアを見たときに「お!自分、成長してるじゃん!」とモチベーションアップにもつながります。

「準備万端にしてから受験しよう」とか「きっちり勉強してから受験しよう」と考えていてはなかなか進みません。とにかく一回受けてみて悲惨なスコアを取ってしまいましょう!笑

これが、短期間で効率良く勉強するきっかけになります。また、後に大学に提出するエッセイなどで「こんな低いスコアからOverall 7.0までアップさせたんだぜ!」とインパクトの強い自己アピールの材料にもなるかもしれませんね。笑

 

2. 自分のレベルを見極める

自分の英語力がどのレベルにあるのかをしっかりと把握しましょう。

大学も卒業して、基礎的な英語力が身についている方は心配無用ですが、基礎知識が無い状態でいきなりIELTS対策を始めると場合によっては遠回りしてしまう可能性があります。

僕が実際にしてしまった失敗を例に挙げてみましょう。初めて受けたIELTSでOverall 4.5を取ってしまった僕は非常に焦ってしまいました。焦った末にとった行動が単語の意味も理解できないIELTSのテキストの問題を解きまくることでした。一見正しい勉強方法に思えますが、これは完全に間違っていたと後で気づきました。完全に時間の無駄でした。

当時の僕の英語力はセンター試験レベルにすら届いませんでした。そのため、基本的な単語すら理解できずIELTSのReadingに関しては8割の単語の意味が分かりませんでした。これらの単語を一つ一つ調べて覚えようとしても膨大な時間がかかりますし、いきなり難しい単語を覚えようとしてもすぐに忘れてしまいます。

まずはセンター試験レベルの単語をきっちり覚えることから始めましょう。基本的な英単語をしっかり理解できるようになれば難しい単語もある程度推測できるようになってきます。

ただし、この段階は短期間で終わらせなければなりません。時間がない人ほどなおさらです。目安としては1ヶ月〜2ヶ月でセンター試験レベルは突破しましょう。

ちなみに僕はセンター試験レベルでは下の3冊のテキストを使用しました。非常に使いやすのでオススメです。

3. IELTSの参考書をひたすら解く

この段階に入ってようやくIELTSの問題が解けるようになってきます。

僕がオススメする参考書はほんの数冊です。

1. IELTSブリティッシュカウンシル公認問題集

このテキストはIELTSをあまり受験したことがない方にオススメです。IELTSの問題パターンを紹介しており大まかなIELTS対策ができます。しかも、日本語の解説まで丁寧についてるので非常に勉強しやすいです。IELTSについて理解するには良書です。

2. Cambridge English

このテキストは、「あとはひたすら問題を解きたい!」という方にオススメです。IELTSを数回受験したのであればあとはこのテキストで目標スコアまで伸ばせます。一冊に全部で4回分の過去問が収録されており、IELTSのスコアを伸ばしたいなら必要不可欠な参考書です。

3. 実践IELTS英単語3500

自分の語彙力に不安がある方はこちらのテキストを購入してみてはどうでしょうか。目標スコアごとに英単語がレベル分けされていて弱点克服に役立ちます。語彙力が壊滅的だった僕にとっては非常に役に立った参考書です。

4. Target Band 7

個人的にはWriting対策に非常に役に立ちました。役に立つ表現がたくさん含まれていて僕はほとんど暗記してしまいました。あとは暗記したものをいかに応用できるかなのでまずは暗記するのにオススメです。

4. スコアアップのための具体的な勉強方法

Listening

  1. 一通りListening問題を解く
  2. CDをもう一度流し聞き取れない(またはシャドーイングが出来ない)ところをチェック
  3. スクリプトを見ながら聞く→分からない単語を覚える→ひたすらシャドーイング
  4. スクリプトを見なくても完璧にシャドーイングをできるようにする
  5. 同じ問題を完璧にできるようになるまでひたすら解く

このメニューをやっていけば必ずスコアは伸びます最低でも6.0は超えます。

<点数アップのポイント>

  • 設問を素早く読んで解答をある程度予測する

設問を先回りして読むことにより、音声の聞くべきポイントが予測できるようになります。繰り返し練習することで、「あ、そろそろ答え言うぞ」というのが分かってきます。また、設問に目を通す際にはキーワードとなる単語にマークしておきましょう。音声が流れる前に一通り設問に目を通すことはほんとに大事です。

  • 空欄補充の問題は空所の前後にヒントがある

空欄の前後にヒントとなる語句があります。しかし、言い換えられていることがほとんどなので前後の語句の言い換えも予想して聞きましょう。

  • 聞き逃したらすぐ次の問題に切り替える

IELTSのListeningは音声が一気に流れていきます。一つの問題にとらわれていると気づいたら全ての問題が終わっていて、全く解けなかったということもあります。聞き取れなかったらすぐ次の問題に行きましょう。

ちなみに点数配分は下記のようになっております。

リスニングの正解数 バンドスコア(目安)
39 9.0
37 8.5
35 8.0
32 7.5
30 7.0
26 6.5
23 6.0
18 5.5
16 5.0

 

さらにハイスコアを狙いたい方はTED TalksCNNBBCを寝る前やスキマ時間に聞くと効果的です。

Reading

  1. 本番形式で問題を解く
  2. 採点をして解答、解説をチェックする
  3. 分からない単語を調べて覚える(※単語の意味を直接テキストに書き込まない)
  4. 精読
  5. 解き方のプロセスをチェックする→なぜ間違えたのかを理解する
  6. ひたすら音読 (※ひとつのパッセージにつき3~5分以内に読めるようにする)
  7. 満点取れるまで本番形式で解く

ここまでくれば、後はひたすら音読するのみです。音読は本当に大事で速読力から何からReadingに必要なスキルがメキメキ付いていきます。

また、ここではアウトプットも意識してReadingの問題に取り組みましょう。Readingの文章にはWritingやSpeakingに使える表現が山ほどあります。アウトプットを意識すれば何倍も学習効率が上がるはずです。

また、テキストに直接書き込むことはおすすめしません。書き込みをする場合はテキストをスキャナーで取り込んで問題をプリントアウトすると何度も解けます。

<点数アップのポイント>

  • 常に頭の中で情報を整理する

短時間で一気に英文を読み、さらに問題を解いていると頭がごっちゃごちゃになってきます。本文に書いてもないことを自分勝手に想像してしまい的外れな解答をする人も少なくありません。(特にYES/NO/NOT GIVEN問題で引っかかります。)しっかりと情報を整理しながら本文を読みましょう。

  • 時間配分を守る

自分の目標スコアに合った時間配分を本番前に決めておいて、本番ではその通りに時間を使いましょう。

個人的にとても参考になったReading勉強法はこちらで紹介されています。

EURO TRAVELLOR

この勉強法で僕自身スコアを伸ばせましたし、他のIELTS受験者から効果を実感している声がたくさんあるように感じます。

Writing

  1. 本番形式で書く
  2. 添削してもらう
  3. 間違ったところをチェック
  4. 模範解答のポイントとなる文法や単語を暗記
  5. 同じ問題をもう一度解く
  6. 覚えた表現や単語を別の問題に応用する

 

Writingは正直暗記しかないというのが僕の意見です。特に勉強を始めたばかりなら、優れた英文をたくさん覚えましょう。IELTS6.0にも満たない状態で自分で英文を作ろうとしても点数は伸びません。だから、初めは暗記をオススメします。そこから、覚えた英文を別の問題に応用していく過程でスコアがアップします。地味で大変なことですが、根気強く続けましょう。

Writingの英文を覚えるのに良いテキスト

  • IELTSブリティッシュカウンシル公認問題集
  • Target Band 7

僕は、恵まれたことに母親がアメリカ人ということで書いた英文はすぐに添削してくれました。笑

添削はやはり、IELTSやTOEFLの専門の方にお願いするのがベストだと思います。お金はかかりますが、将来の自分への投資だと考えましょう。

Speaking

  1. 学校の先生やネイティブを使って本番形式で面接をする
  2. 模範解答の使えそうな表現方法や単語を暗記する
  3. もう1度同じ問題を解く
  4. 別の問題で応用する

 

僕はSpeakingに一番手を焼きました。6.5を取るためにやったことはListening, Reading, Writingの問題を解いていて「使えそう!」と思ったものをメモしてあらゆる場面で応用しました。アウトプットはインプットしたものを繰り返し使い応用していくことが非常に大切だと感じました。また、模擬問題をたくさん解いて自分の解答パターンを身につけておくようにしましょう。

 

5. 学習プランと成長過程

僕がIELTSを初めて受験したのが大学出願締め切りの約1年前でした。僕に残された時間はちょうど1年。

初めて受けた時のスコアがOverall 4.5でこれを1年でOverall 6.5まで持って行かなければなりませんでした。

ある調査によるとIELTSのOverallを0.5上げるのに必要な勉強時間は約200~300時間必要だそうです。個人的には、スコアが上がるにつれて0.5伸ばすのに必要な勉強時間はさらに増えると思います。ゲームのレベルを上げるのと一緒ですね。笑

そのようなことも含めてしっかりと自分に合った学習プランを立てていきましょう。

ちなみに僕のスコアの成長過程はこんな感じです。

勉強時間は一日平均10時間ほどです。僕の場合は、一浪して勉強したのでこれだけ勉強時間が取れました。とにかく時間は全て英語の勉強に注ぎ込みました。YouTube, Twitter, instagramのような勉強を妨げるようなものは全てスマートフォンから消して気合いを入れれば誰でもできるはずです!笑

本番の雰囲気

僕は仙台の会場で受験しました。とても落ち着いた雰囲気で受験しやすい環境が整っていました。もちろん、緊張はしますがそれも想定して普段から勉強すると良いと思います。最終的には8割の力で目標スコアを取れる実力を身につければ不足の事態が発生しても大丈夫でしょう。

 

まとめ

IELTSは時間はかかりますが「絶対目標スコアをとる!」と決めて諦めずに勉強し続ければ必ず目標達成できます。地道な勉強が続いて辛くなったり不安になったりはもちろんします。しかし、目標を達成した時の喜びはそんなものが吹っ飛ぶくらいとてつもないものです。何よりも、自分の将来の可能性が一気に広がりワクワクが止まらなくなります!!

IELTSはただの通過点です。その先にある大学合格や海外で活躍するというのがIELTSの先にあります。こんなところでつまづいてる訳にはいきません。ドーンと勉強して次のステップに踏み出しましょう。

最後に、この記事を読んでいただいてありがとうございました。少しでも皆様のお役に立てれば嬉しいです。これからも留学情報や英語の勉強法を更新していきますので時々チェックして見てください。また、質問等あればTwitterやコメント欄にお寄せください。

では!

 

2 件のコメント

  • 15歳です。私は今年の9月からwest Vancouverの高校に留学するのですが、高校に出願するために去年の夏、IELTSを受験しました。結果は私もしょうじろうさんと同じ4.5でしたが無事に合格できたので今年の9月からgrade10になります。
    また、私もUBCを受験するつもりなのでこの投稿はすごく役に立ちました!ありがとうございます!これからもカナダでIELTSを受ける予定です。私も7.0まで引き上げれるように頑張ります。
    ちなみに私も実践IELTS英単語3500、使ってます(笑)これ凄くいいですよね!! 

    • コメントありがとうございます。そして合格おめでとうございます!
      まおてぃーさんのお役に立てて良かったです。
      これからもUBCの情報を発信する予定なので質問などありましたら気軽に聞いてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    しょうじろう マーティン。 福島県郡山市が大好きな19歳。 郡山フロンティア大使を目指してます。高校卒業後、一浪してクソ勉強しIELTS3.5→7.0まで持っていきカナダの大学UBCに合格。 ギャグ線が大欠落してますがご勘弁を。笑